タグ別アーカイブ: タグ2

知らない方には衝撃の事実です。

『セットバック』が必要な土地を購入した場合、土地いっぱい使って家を建てることはできません!!

土地の購入をお考えの方は、この内容はしっかりと理解してください。

この『セットバック』を理解する前に、簡単に建築基準法についてご説明しますね。

現在の建築基準法では、原則、幅4m以上の建築基準法に定める道路に敷地が2m以上接していなければ、その敷地に建物の建築はできません。

敷地があっても、家を建て替えられないことがあり得るということです。

そうは言っても、実際には4m未満の道路沿いに、たくさん家が立ち並んでいることってあります。
昭和47年以前、建築基準法が改正される前に建っている家には規制がされてないからなんです。

昔に作られた道は狭いですから、火事が起こった時に消防車が入れないと、被害が拡大して大参事になってしまうんです。

そのため現在の法律では、道路は4m確保しようということになっているんです。

そこで登場したのがこの『セットバック』。

道路が4mないなら、敷地を後退させてしまえ!という考えです。

道路の向かい側が川や崖でない場合は、道路幅4mを確保するために、道路の中心線から2m後退する必要があります。

(※道路の向かい側が川や崖で、反対側のおうちがセットバックできない場合は、4m後退するということになりますので更に要注意!)

「不動産の広告の敷地面積を見て物件を購入したものの、セットバックしたら敷地面積がかなり小さくなってしまった。」

ということがないように注意してください。

道路に関しては一般の方で調べることはなかなか難しいです。

ご自身で見て調べるよりも、手っ取り早く不動産屋さんに聞いてみましょう。